銀行カードローン注意点

銀行カードローン注意点

お金を借りること、銀行カードローンの使用はこのような意味を持ちます。
カードだと実感することが難しいですが、銀行カードローンを利用することで私たちも責任を持たなければいけません。
きちんと毎月決められた額を返済していかなければなりませんし、返済できなければブラックリストに載ってしまいます。

主婦の方が利用する主婦向けの銀行カードローンは様々な銀行で提供されています。
利用する前にしっかり注意するべきことを把握しておきましょう。

注意点@ 返済プランをたてる

借りる前に返済計画をたてておくことはとても大切な事です。借入額を毎月どのくらい返していくのか、何ヶ月・何年で返済できるのか決めて借りて下さい。プランをたてないまま、いずれ返済できるだろう程度の気持ちで借りてはいけません。そのような考えで必要以上の額を借りてしまい、返済できなくなってしまった方はたくさんいらっしゃいます。主婦向けのカードローンは、そもそも限度額は低く設定されていますが自分が必要としている分だけ借りてくださいね。

注意点A 専業主婦は配偶者の収入で決まる

基本的に銀行カードローンを利用するにあたって“収入がある人”が条件となってきます。パートとして働いている主婦の人はいいですが、専業主婦の人は夫である配偶者の収入が審査対象となってくるのです。銀行もある程度収入がある人にしかお金を貸してはくれません。保証がない人には返済できる能力がないとみられるので、収入証明書が必要となります。配偶者の収入がなければもちろん審査をパスすることはできませんのでそこは理解して下さい。三菱東京UFJ銀行や楽天銀行など銀行によっては収入証明書の提出が不要な所があるので、書類を用意するのが難しい方や、旦那や家族にばれたくないという方はそういう所を利用しましょう。