消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンの違い

お金を借りる所は銀行カードローンか消費者金融系と分かれますが、
それぞれによって様々なお金の借り方があります。

キャッシングやカードローン、無担保ローン、銀行カードローン、消費者金融などいろんな金融系会社があります。
どこで借りれば良いのか悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、1番お勧めするのは銀行カードローンです。

銀行カードローンは消費者金融と違い、低金利ですし借入の上限も大きいです。
これはやはりかなりのメリットになるので初めての方は銀行カードローンを選ぶのがベストです

他の金融系から借入を複数行っている人や
返済できる能力が無しとみなされた場合は審査を通過することができません。
また1度落ちれば再び申し込みをしたとしても簡単に通ることは不可能です。

消費者金融は銀行系よりも審査に通りやすいと言われていて、
使い勝手も良い点が消費者金融系のメリットと言えます。

例えば無利息期間が設定されていたり、手続きが早かったり、
金利は高額ですが銀行にはないメリットが消費者金融系にはあったりします。

銀行カードローンも消費者金融系のキャッシングでも
コンビニのATMでも24時間自由に利用する事が可能ですし、
返済したい時にも自由に返済することができます。

それぞれ銀行や消費者金融によってどのような部分に重点を置いているのかが違います。
自分の目的に合った所でお金を借りた方が便利に感じると思うので
自分でしっかり性質を確認しながら決めて下さいね。