総量規制対象外とは?

総量規制対象外とは?

“総量規制対象外”という言葉はご存知ですか?
主婦向けの銀行カードローンには総量規制対象外が多いとされていますが、どのような意味を持っているのでしょうか。

総量規制とは、自分の年収の3分の1の額が融資可能だということです。
つまり対象外ということは、自分の年収3分の1よりも借入ができ、借入額に制限がないことを表します。

これは銀行カードローンのほとんどが総量規制対象外とされており、主婦向けにも適用されることです。
消費者金融で借入を行う場合はこの総量規制が大きく関わってくることになります。
法律で決められていることなので大変厳しい規制ではありますが、銀行カードローンには適用されません。

その分、主婦向けにも銀行カードローンは有利となってくるのです。
自分の収入関係なく借入を行うことができるのですから利用価値は大きいですよね。
しかし、総量規制対象外だからといっていくらでも借りられるわけではありません。

主婦は収入が少ないですし、専業主婦となると収入は全くない状態です。
借入額も30万、最高で50万程度となっています。

自分が必要としている額だけ借りて、無理のない返済をしていくことが1番良い使用方法ですね。
返済できない額を借りて後で困ることになっても後悔先に立たずです。
きちんと返済プランを立てたうえで借りてくださいね。